ブログ

RSS

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. SEO内部対策の教科書 滝内賢

辻本 龍太

SEO内部対策の教科書 滝内賢

2013年03月29日
辻本 龍太

最近また今までのSEOを確認をするように過去の本も含め読んでいます。
今回のSEO内部対策の教科書は2012年11月に出版されたSEO対策に関しては比較的新しい1冊。

SEO対策の教科書

僕も同じような業界に属して仕事をしているわけですが、僕としてもこのSEO会社は大丈夫なのか?なんだか怪しいぞと思う事もあるわけで・・・。
そういう業界のあいまいな部分をはっきりとさせたいと言う思うも著者の滝内氏にはあったようです。

大きく分けてSEOには外部対策(被リンクなどを増やす)と内部対策(ページ内のキーワード出現率やtitle、meta情報)があると言われていますがこの本はタイトル通り内部対策の事を書いた本です。

僕の経験からですが外部リンクを購入は気休め程度にしか効果を感じる事はできません。インベントリーとしても内部対策をまずしっかりしていきましょう!とお客さんに提案しているのでホームページを運営されている方にはぜひ1度目を通してみてほしいと思います。

内容は基本的な事を極力わかりやすく紹介してくれている本なのでSEO初心者の方には読みやすいと思います。
滝内氏が運営するサイトを例に話を進めてくれているので理解しやすいです。
実際に滝内氏が運営するそのホームページにてSEO効果は実証されています。
僕は確認の意味で役に立ちました。

ただ1つあれ?っと思ったのはユーザビリティについて。
これは僕と考えが違うんで納得はできませんし、決してユーザビリティが高いとは思いませんでしたがSEOの本として割り切る事にします。

正直、SEOについて高額なセミナーに行くならこの本をまず読んでみる事をお勧めします。変化のスピードが速いので本の内容の一部、またはすべてが過去の情報になってしまう事もあるので読むならSEOに関しては新しい本をおすすめします。

例外として今読んでも、「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」は納得させられる事が多い。
この2冊でまずはSEOに関する理屈は理解できると思います。

ちょっと、ホームページ屋らしいブログかけた気がします 笑

僕自身もまだまだ勉強です。
よそから見ればまだま窓際の人です 苦笑

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. SEO内部対策の教科書 滝内賢